« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月26日 (日)

2009/07/26の自転車:奥多摩往復

(重い時用)

夏らしい晴れの日,ということで9時半に出発です.まずは多摩サイで羽村堰まで.そこからいつ樹へ直行し,つけ麺を食べます.

食べ終えてどこに行くかと考え,まだ行ったことのない青梅のさらに上流,奥多摩を目指してみることにします.いつ樹の前の道から旧青梅街道,青梅街道と入り,nav-u NV-U3Cの指示に従い日向和田駅前で多摩川を渡って吉野街道へと入ります.

吉野街道は青梅街道に対して裏道っぽい感じで交通量はあまり多くなく,走りやすいです.nav-uの距離優先探索で出てきているので,青梅街道を行くのよりも走る距離も短くて済むのでしょう.ただ,アップダウンが少し多めな感じです.

古里まで行くと,青梅街道に合流し,そこからは奥多摩駅まで青梅街道を行きます.古里を過ぎて少し進むと急に空気がひんやりとしてきます.山の中を進んでいるんだなぁという感じです.道路の左側は多摩川で渓谷になっているのですが,結構低いところを流れているのであまり川を見ながら走るというわけにはいかないのが残念なところです.

奥多摩駅につき,近くをぐるりとまわってから帰ることにします.帰りは基本的には下りだからそんなに辛くないだろう,とこのときは思っていました.来た道をそのまま戻る,というのはあまり好きではないので,できるだけ来た道と違う道で帰ることにします.古里からは来るときに使わなかった青梅街道を選択.青梅街道はやはり交通量が少し多いですが,絶対量がたいしたことないので問題ありません.

往路で青梅街道から外れた日向和田の交差点近くでへそまんじゅうを食べ,青梅街道をさらに下ります.その後青梅駅を過ぎたところで多摩川を渡って吉野街道へと入り,小作駅近くで多摩川を再度渡って奥多摩街道へ.阿蘇神社を経由して羽村堰でひと休みし,あとは多摩サイを下っていきます.

帰りの多摩サイは,南風が強くなっていてなかなかスピードが出ません.おまけに疲労が蓄積したのか足がつりそうになっていて,かばいながらゆっくり走ります.四谷のセブンイレブン近くで少し休憩するとスタミナが回復し,これでなんとかなると思いきや多摩川原橋手前でついに足がつり,緊急停止.落ち着くのをまって再スタートするも,また足がつったら洒落にならないので休み休み走っていき,帰宅したのは日没直前となってしまいました.

今後は,疲労の度合いや途中の栄養補給をもうちょっとちゃんと考えて走るようにしないといけないな〜と,反省材料の残る1日でした.

移動時間:5:52'05
移動距離:123.69km
平均速度:21.0km/h
最大速度:46.8km/h
累計距離:2824.9km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

2009/07/11-12の自転車:軽井沢下りまくり

(重い時用)

(重い時用)

両親&姉夫婦一家と奥軽井沢へ旅行に行く,ということで,ついでに自転車にも乗ってしまおうと画策します.

まず,出発地点まで自転車を持って行く必要があります.聖蹟桜ヶ丘駅の近く,ということで南武線&京王線で輪行しようと考えていたのですが,早く準備ができたので自走していくことにしました.多摩サイで府中四谷橋まで行き,そこから少し入ったところが集合場所です.そこからは,車でホテルグリーンプラザ軽井沢へ.

一夜明けて,ホテルグリーンプラザ軽井沢を9時前に出発です.北軽井沢に出るのに,ホテル敷地の入口から鬼押しハイウェーを少し通ろうと思ってみたら,歩行者自転車通行禁止とのことで別荘地の中を抜けていきます.

北軽井沢ではマラソン大会をやっていましたが,通る道には影響無しでした.国道146号を軽井沢方面に南下します.途中,浅間牧場でソフトクリームを食べ,峰の茶屋を過ぎるとそこからは下り一本です.

中軽井沢への下り道はカーブが多く,路肩は小石が散乱していて滑りやすくなっているので,慎重におりていきます.舗装もところどころでこぼこになっていて,ちょこっと大変です.しかし,基本的には気持ちよく中軽井沢へ到着.

中軽井沢からは国道18号で軽井沢方面へ.軽井沢駅周辺を少しうろうろした後,さらに国道18号を進んで碓氷峠を下りてゆきます.

碓氷峠は国道146号以上に路面がでこぼこで,さらにカーブも細かくなっていて大変です.交通量が少ないのが救いです.途中,何カ所か信越本線の廃線跡を見ることができます.旧線の煉瓦造りの橋梁は国の重要文化財に指定されているようです.また,めがね橋は歩いてわたれるようになっていて,観光客も結構来ています.

旧線跡は,アプトの道としてめがね橋の所まで横川駅から歩くことができるようになっています.しかし,今回は自転車で来ているのでめがね橋からもそのまま国道18号をおりていきます.

碓氷峠はカーブごとに「C=33」のように下から順に通し番号がついています.「C=1」を過ぎると中山道坂本宿を抜け,横川駅に到着しました.

横川駅では電車までの時間を利用しておぎのやで釜飯を食べ,あとは輪行で帰宅しました.

(2日間の合計)
移動時間:3:27'25
移動距離:65.48km(1日目:16.40km,2日目:49.08km)
平均速度:18.9km/h
最大速度:50.2km/h
累計距離:2701.2km

| | コメント (45) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

2009/07/05の自転車:仙川ポタ

(重い時用)

梅雨のまっただ中ながら降水確率が低く,自転車に乗るには都合の良い日です.10時前に出発して多摩サイを上っていきます.

多摩水道橋から右岸の堤防上を走りますが,布田橋から多摩川原橋の間は多摩沿線道路を通らねばならず,今回はそこを避けてみます.が,かなりいまいちなルートとなってしまいました.多摩川原橋から羽村堰まではいつも通りです.途中,リカンベント乗りの人がいてそこにくっついていったり,自分よりちょい速めくらいのロードがいて食い下がってみたりします.

羽村堰でひと休みした後いつ樹に行きますが行列ができていて断念,あっぱくさんが小平でやっているイベントにスリランカ料理を食べに行くというのでそちらに向かいますが,かなり小規模とのことでそこもあきらめ,適当にラーメン屋を探します.

東京学芸大学の近くにはいくつかラーメン屋があり,小金井街道二郎もあるのですが,当然のように二郎は日曜休み.他の店もいまいちそそられず,またも食べられず.そこで仙川(せんかわ.京王線の駅はせんがわ)の上流端という看板を発見し,これに沿って下っていくことにします.

武蔵小金井駅が近くにあり,自転車を停めてどこかで食べようかとも思いますが,商店街などろくに自転車置き場もなく.一方ではとにかく自転車が邪魔者扱いされていて,このあたりにいるだけで鬱な気持ちになってくるのでさっさと離脱します.結局,下連雀のいなげやでパンを買って食べます.

仙川の上流域は住宅街の隙間を縫うように流れていて,殆ど川沿いを走ることができません.それでもなんとか近くを走っていき,東八道路まででたところでやっと川幅が広くなり,川に沿って走れるようになります.さらに,中央自動車道を越えると道幅も広くなり,快適に走れます.仙川沿いに走るなら,ここからでしょう.

それ以降は,川のどちらかは問題なく走れるようになり,甲州街道を渡り,京王線の下をくぐり(ここは階段あり),祖師谷公園を抜けて成城学園沿いを通って小田急線の下をくぐり,世田谷通りを渡って野川に合流です.

野川は二子玉川付近で流れを大きく変える工事がほぼ終了し,堤防の上を通れるようになっていました.新しい道で気持ちがよいです.野川が多摩川に出たところで,二子橋を渡って川崎市側へ.ここからは多摩サイを上り,帰宅しました.

今日は最初からnav-u NV-U3Cを使い,最後多摩サイを上るところで電池切れ警告が出たため,eneloop mobile booster KBC-E1Sを使ってみました.ケーブルを変えたことできちんと電源が供給されるようになり,最後まで電池切れにはならずに済みました.ただ,NV-U3CはUSBから給電されると一定時間で画面を消す省電力モードにならず,ずっと画面(バックライト)オンになってしまうため,そんなに長時間は使えないかもしれません.この辺,使用していないときに充電のためだけに使うとか,ノウハウが必要かも.

移動時間:4:35'21
移動距離:91.04km
平均速度:19.8km/h
最大速度:47.9km/h
累計距離:2635.7km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »